スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟フォーラム・廣島フォーラムが開催されました

 11月23日(金)・24日(土)に長岡市で毎年恒例の「にいがたフォーラム8in長岡」が、開催され福祉関係者およそ300名が参加しました。写真-1

 「我が国の障害福祉のこと、そして、財源のこと」をテーマに衛藤晟一参議院議員と地元の長島忠美前衆議院議員そして全日本手をつなぐ育成会の田中正博常務理事の鼎談が行われ活発な意見が出されました。衛藤議員は、「幾つかの制度はこの新潟フォーラムで生まれた経緯がありみんなで頑張って更なる障害福祉の充実を図りましょう。」と呼びかけました。写真-2

 翌週の12月1日(土)に広島市内で「きらっと光る人生を考える研究大会」が広島県手をつなぐ育成会、広島県知的障害者福祉協会の共催で開催され衛藤晟一参議院議員は講師に招かれ参加しました。写真-3広島

 今年6月に成立した「障害者総合支援法」の附帯決議に「親亡き後」を見据えた居住の支援の在り方について盛り込まれたことを受けそのことをテーマに熱い議論が展開され衛藤議員は、「障害者の高齢化に伴い地域の中での住まいの場は喫緊の課題となって来ている。」 ので地域のバックアップ機能も含め多機能なものを付加した20~30名規模の居住支援施設を早急に整備する必要性を説きました。この話に会場のおよそ450名の聴衆は真剣に聞き入っていました。写真-4広島
スポンサーサイト

第9回チャレンジドフォーラム佐賀が開催されました

 平成24年11月10日(土)佐賀市で開催した第9回チャレンジドフォーラムにパネリストとして、衛藤せいいち参議院議員(以下「衛藤さん」と書きます。)に国会激務のなか駆けつけていただくことができました。衛藤さんに来ていただくとフォーラムが引き締まることから主催者としてはほっとするのが本音です。佐賀フォーラム-1

 今年のテーマは、「障害者の地域生活を支えるために必要なこと。~生活の基盤となる制度と財源~」とし、衛藤議員の他、福岡たかまろ参議院議員が参加、司会進行は全日本手をつなぐ育成会常務理事やNPO全国地域生活支援ネットワーク顧問の田中正博さんにお願いをしました。
 大串ひろし内閣総理大臣補佐官・衆議院議員も直前まで参加する予定で、勉強会までされていたそうですが、首相の福岡入りの随行用務により間に合わせることができず、次のセッションで時間を設け話をしていただきました。佐賀フォーラム-2

 シンポジウムでは、障害福祉に携わるきっかけとなったお話、自由民主党社会部会長時代に介護保険を制度設計した経験を活かしながら、当時は予算額も少なく障害者は親が抱え込むか、入所するしかなかった措置費時代から、支援費、障害者自立支援法、障害者総合支援法と障害者の地域生活を進めるための制度設計のすべてに関わられ、時代のながれを読み、的確な判断をしてこられたこれまでの経緯を知ることができました。
 野党の立場にあっても、障害福祉だけは政党のかけひきなしに取り組んでいこうという基本的なスキームを作られたのも衛藤さんの存在がとても大きかったことを知ることができました。
 介護保険を知り尽くした衛藤さんとしては、地域移行、就労を大きな柱とする障害者の福祉と、1割負担が必要で介護を中心とする高齢者の福祉とはわけて考えた方がいいというお考えを明確に述べられ、四角四面の介護保険制度の弱点を見据えて御判断されていることがわかり、とにかく衛藤さんにおまかせすれば障害福祉は大丈夫だと大きな安心感を得ることができました。
 当面、介護保険との統合を目指すことはないとしたときに、財源問題が気にかかります。自立支援法創設時は財源不足で様々な問題が発生しましたのでどうしても財源不足は気になります。消費税増税分の財源は、医療・介護・年金・子育てには使うとありますが、障害福祉に使うとは、一言も出てきません。佐賀フォーラム-3

 会場からも飛びこみで「財源は大丈夫か」と発言がありましたが、衛藤さんは障害者自立支援法創設時に自助・互助・公助の考え方を盛り込み、個別給付を義務的経費とした意義を説明され、会場からの発言者も安心されました。
 そして、発達障害や自閉症への取り組みがまたまだこれからであるとの認識や、障害程度区分から障害支援区分へと必要な人に必要な支援が届くように変えることで難病の一部の人たちが支援できるようになること、支援区分の認定に相談窓口の充実がさらに重要であること、そして、司会の田中さんが所属する全国地域生活支援ネットワークが提案している緊急時も含めた安心の拠点「安心コールセンター」への取り組み強化についてもお話しいただくことができました。
 自由民主党の政策決定のNo.2と言われている衛藤さんのお言葉は、とても頼もしくゆるぎないものに思えたのは、私たちだけではないと確信しています。
 次のセッションでは移動困難者の移動問題を新しい視点で議論しましたが、衛藤さんは運輸政務次官もされており運輸行政にも精通されていることから障害者にとっても使える公共交通の創設に向けて御尽力いただけるものと確信しています。佐賀フォーラム-4実行委員会スタッフ
チャレンジドフォーラム実行委員会

北海道地域福祉推進フォーラムが開催されました

 10月7日(日)・8日(月)に北海道札幌市で「北海道地域福祉推進フォーラム~ユニバーサルな支援によるともに生きる社会の実現へ」が開催され高齢福祉・障害福祉関係者250名が参加しました。北海道フォーラム-1

衛藤晟一参議院議員は「我が国の行方は 我が国の未来とは」をテーマとしたシンポジウムにシンポジストとして参加し、毎日新聞論説委員野沢和弘氏のコーディネートのもと、全国肢体不自由児者父母の会連合会会長清水誠一氏、社会福祉法人この実会代表加藤孝氏、社会福祉法人幸清会理事長大久保幸積氏と熱い議論を交わしました。北海道フォーラム-2

衛藤晟一参議院議員は、自身の生まれ育った環境や様々な障害当事者や障害福祉関係者との出会いから「障害福祉をライフワークとしている」と語り、自らも多く係わったグループホームに対し入居定員の規制緩和や家賃助成の政策が北海道の視察した現場から生まれたことを披露しながら「現場から福祉を変えていきましょう。」と力強いメッセージを送りました。また、障害者総合支援法施行に向けて、「あんしんコールセンターや居宅介護事業などのソフト事業を附置させた小規模入所の創設、成人期の発達障害者に対するモデル事業の創設へ向けて力強く推し進めていきたい」と強い意気込みを語りました。北海道フォーラム-3

第45回全国肢体不自由児者父母の会連合会全国大会が開催される

 9月8日(土)、9日(日)に全国肢体不自由児者父母の会連合会の全国大会が仙台市内で開催され顧問である衛藤晟一参議院議員にパネリストとして登壇していただき『これからどうなる?障害者福祉』について三浦剛東北福祉大学教授がコーディネタ-になり民主党の初鹿明博衆議院議員、地元の佐藤秀美「不忘園」施設長、全肢連の石橋吉章理事とディスカッションをしました。仙台-1 (1)

障害者本人の意思決定支援について、また、親亡き後の住まいの場などについて活発な議論が行われました。
仙台-2

会員を中心におよそ600名の人たちは、真剣にパネリストの議論に聞き入っていました。
仙台-3

 翌週、15日(土)に山梨県甲府市で『山梨フォーラム2012~山梨から「総合支援法」を展望する』フォーラムが開催され障害福祉関係者およそ250名が参加しました。甲府-1

 このフォーラムにも衛藤晟一参議院議員はパネリストとして参加し『我が国の障害福祉と社会保障と。』について全日本手をつなぐ育成会の田中正博常務理事と滋賀県社会福祉事業団の北岡賢剛理事長の三人で熱く障害福祉について語りました。交通渋滞に巻き込まれ遅参するハプニングもありましたが、会場は大いに盛り上がりました。甲府-2

 衛藤議員は、『障害福祉の流れが国際障害者年(1981年)の「完全参加と平等」の理念により隔離型支援から住み慣れた地域での支援に変わり制度も予算もみんなで頑張って向上させてきたが、まだ不十分なところはある。今後も国民的な合意を得ながら推進していきたい』と述べた後、持論である『親亡き後の住まいの場をどうするのか!地域の中核的な役割を果たす小規模多機能的な居住支援施設が居ると思うのでこの制度づくりを頑張る。また、発達障害支援に関するモデル事業の創設も頑張っていきたい。』と力強く語りました。甲府-3

 来月も7日(日)、8日(月)に札幌プリンスホテル国際館パミールで開催される障害者フォーラムに参加する予定です。北海道の皆様、是非一緒に参加して下さい。

「第8回 四国フォーラムin高知」が開催されました

 7月7日(土)・8日(日)高知県高知市内で、全国地域生活支援ネットワーク四国ブロックが主催する「第8回四国フォーラムin高知」が開催され四国四県をはじめ、兵庫、鳥取などからも含め140名以上の参加者がありました。参加者の多くは相談支援に関わりのある方々や行政担当者、障害児・者の保護者の方々でした。   
 フォーラムでは、前・全日本手をつなぐ育成会理事長、副島宏克氏の「未来につなぐ」~親の想い利用者の想い~の現実課題の想い、堀江まゆみ氏の「障害者虐待防止法に向けて」、四国四県の相談支援専門員による四国四県の現況や課題、厚労省遅塚相談支援専門官の「相談支援が変わった!その理由とは?」などのセッションが行われました。また、障害者の高齢化などから近年問題になってきている、「親亡き後の想い」を全国知的障害者施設家族会連合会副理事長の南守氏に講演をいただきました。
初日の締めくくりに、国会開会中の忙しい中、衛藤晟一先生に登壇いただき「障害福祉制度のこれまでとこれから」と題し講演をいただきました。=写真
 障害者福祉に精通され、障害のある人やその家族の心に寄り添い行動・実践する衛藤先生は、自民党から民主党に政権交代した後も、障害者にとって猶予することができない事として、改正障害者自立支援法「いわゆるつなぎ法」の改正、児童福祉法の抜本的改正、来年4月から施行の障害者総合支援法の法案成立等にまつわる障害者福祉制度の変遷などを利用者の目線で、また各党の調整役、まとめ役としての視点から、わかりやすく過去、現在、未来についてご講演をいただきました。CIMG1980.jpg

CIMG1985.jpg

 第1日目終了後、交流会が行われ、衛藤先生は約60名の参加者と講演以外の内容を含め熱心に語り明かしました。CIMG2015.jpg

 また、講演と交流会の間の少ない時間に行動的な衛藤先生は桂浜の坂本龍馬像に行かれ、龍馬像の前で今後のご活躍をご祈念したようです坂本龍馬像前にて
プロフィール

Author:fukushinokai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。