スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島からのレポート

  10月4日(土)に、かごしまフォーラム2008が開催されました。
 10月に入っても、昼間の気温は28℃を超える、暑い鹿児島に、2月に引き続いて、衛藤さんにおいでいただきました。
 このフォーラムは、教育と福祉の連携を主テーマに、障害福祉関係者、教育関係者、行政関係者を交えて、ライフステージごとの支援の仕組みを考えていくことの重要性について討議したものです。
 衛藤さんには、「国政レポート」と題して、社会保障のこれからと障害者福祉についてお話をいただきました

画像中 かごしまフォーラムにて国政報告鹿児島フォーラムにて国政報告


  「障害者自立支援法の見直しについて、地域生活支援を充実するために、力を入れていかなければならない点がいくつかあります」と、この間、各地の現場をまわられて、現場からの声をもとに整理されてきた課題や問題点をお話されました。「グループホーム・ケアホームの世話人の配置について、サービス管理責任者の配置について、相談支援の充実について」等々、とても具体的なお話に対して、会場からは、「こんなに障害者問題に詳しい政治家の人がいらしたなんて」とか、「見た目と違って、やさしくて、あたたかい人なんだ」「自民党の印象が変わった」という声が聞かれ、その熱い語り口に、食い入るように聞き入っていました。
200810151446208.jpg
地域移行を推進するためには、いくつかポイントがあります


  また、長野県や滋賀県における取り組みとして、福祉の相談支援専門員が行政と連携してチームをつくり、保育園・幼稚園への訪問や、学校見学などの機会をつくっている事例発表を聞かれて、教育と福祉、そして、就労への結びつきの課題についても、発達障害に対する対応とあわせて、力を入れていかないといけない、と話されました。
  フォーラム後の懇親会の場では、障害福祉関係者、教育関係者、行政関係者、そして、鹿児島県議会議員の障害福祉分野へ熱心に取り組んでおられる方々も加わり、熱く熱く語り合っていただきました。衛藤さんがずーっと、立ってしゃべっていらっしゃるので、私も目の前の食事がなかなか、食べられません。本当に、パワフルな衛藤さんです。

画像3 教育関係者の方々と懇談教育関係者の方々と懇談


  鹿児島県議会議員の3名(大園清信議員、長田康秀議員、酒匂卓郎議員、いずれも自民党)の方々も、衛藤さんのお話を通して、改めて、ライフステージごとの支援のあり方や、それらを支える地域生活支援の大切さを実感された、と感想を残されていました。
 まだまだ暑い鹿児島でも、とことん、熱い、衛藤さんでした。
 そして、翌朝は、朝一番の九州新幹線にて、次の予定地へ出発されました。
 つくづく、政治家は早起きだなぁ、と改めて感じています。
スポンサーサイト
プロフィール

fukushinokai

Author:fukushinokai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。