スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「衛藤晟一講演会」が宮崎で開催されました

 11月26日(土)に宮崎市内で『衛藤晟一講演会』が開催されました。この会は、宮崎県社会福祉政治連盟(野邊正凉会長)が主催して県下の高齢者福祉、障害者福祉、児童福祉に携わる主に経営者の方々およそ100名が参加しました。宮崎-1

 初めに主催者の野邊会長から「社会保障全体の大改革の中で政治との関わりを強め、まともな制度にするために社会保障に精通された衛藤先生とこれからも交流を深めていきたい。」と挨拶があり、次に来賓として全国社会福祉政治連盟の高岡國士会長が20分間の講演の中で「社会保障全体で、毎年自然増で1兆円以上増えており財源確保が喫緊の課題となっている。我々福祉に携わる者も真剣に取り組んで行かなければならない。」と危機感を表明しました。宮崎-2

 最後にこの日の講師である衛藤晟一参議院議員は「私が自民党の社会部会長を努めた平成6~8年に少子高齢化社会を睨み新ゴールドプランやエンゼルプランそして障害者ノーマライゼーション7カ年計画を作成しその計画に沿って平成12年に介護保険が導入され障害者施策も支援費制度を経て平成18年から障害者自立支援法が施行されましたが、少子高齢化社会は都市部を中心にこれから本格的な段階に突入するので第二段階の改革が必要になって来たと思う。その様な中で政府も『社会保障・税一体改革』を進めようとしているが、政権交代後の対応を見ていると本気で取り組む気があるのか、また実施できるのか甚だ疑問に思う。しかしながら財源の確保である消費税5%アップを言い出したのは自民党であり景気の動向を見ながら道筋を付けるべきだと思う。また、制度改革に対して是非皆様にお願いしたいことは、原理原則は崩さず福祉分野だけでなく医療や年金も含めたマクロ的視野でのご助言を頂きたいと思う。」と講演しました。宮崎-3
スポンサーサイト
プロフィール

fukushinokai

Author:fukushinokai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。