スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バリアフリー映画をスタンダードにしよう!!2010」

     月別アーカイブにて、昨年2009年6月の記事をご覧いただけますでしょうか。そこでは、昨年のバリアフリー映画上映会に、衛藤先生においでいただいた時の様子をご紹介させていただいております。
 今回は、原口一博総務大臣、公明党の高木美智代議員とともにバリアフリー版「牛の鈴音」の上映会においでいただきました。
「障害のある人もない人も、一緒に映画を楽しむことはとても大切です。昨年に引き続き、今回もお邪魔いたします」と、まずは、バリアフリー映画の取り組みを、しっかり支えていただいている衛藤先生ならびに高木先生のごあいさつ。さらに、衛藤先生は「自立支援法の改正法案を何としてでも、実現させなければなりません」と、力強くご発言いただきました。
 11月に佐賀県で開催される『バリアフリーさが映画祭2010』の開催の発表とともに、この動きを支えていただくことをお約束いただき、活弁士の佐々木亜希子さんの活弁ライブ付きの上映会へとうつっていきました。バリアフリー映画
「バリアフリー映画とは」
 これまでご覧いただく機会の少なかった視覚や聴覚に障害のある方、また高齢者の方々にも映画を楽しんでいただけるよう、日本語字幕および活弁による副音声をつけました。また、「障害のある人たちのために」という一方通行の発想ではなく、一般の方々も一緒に作品を楽しんでいただけることを基本に、映画製作者が積極的に関わることによって、作品の新たな情報を加えたバリアフリー版となっております。
 
 11月の『バリアフリーさが映画祭2010』へのご支援も、引き続きよろしくお願い申し上げます。
プロフィール

fukushinokai

Author:fukushinokai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。