スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回「日本の福祉を考える会」勉強会が開かれました

 10月8日(金)に、新しく完成した参議院議員会館の101会議室で8回目の「日本の福祉を考える会」勉強会が開かれ80名あまりの会員が参加しました。第8回日本の福祉を考える会-1

 今回のテーマは、社会福祉法人の理事長や施設長など福祉に携わる多くの方々が不安視している「新しい公共」について取り上げることになり内閣府から経済社会システム総括参事官の田和 宏氏と社会システム担当参事官の度山 徹氏の二人を講師に招き説明を聞きました。
 廣江 研会長の挨拶に続き衛藤 晟一参議院議員から「新しい公共円卓会議で議論されている中身について何をどうしようと言うのか分からない部分があるので今日は所管の内閣府からの説明を良く聞いてみましょう。」と挨拶がありました。第8回日本の福祉を考える会-2

 内閣府より、6月に「新しい公共」円卓会議が提案した中身について「行政が独占してきた「公」を企業、NPO等に開き、国民が積極的に公に参加し易い仕組みの構築をする。このために、行政による直轄事業を見直し企業、NPO等の参画を認める。寄附税制や融資制度の見直し。社会事業法人制度の検討等」説明がありました。第8回日本の福祉を考える会-3

 これを受けて会場から活発な質問がありましたが、「新しい公共」の概念は以前からあったもので【簡単に言うと日本社会に昔からあった助け合いの場、地域や社会の絆を再生するためにどの様な仕組みを構築すべきか】と言うことで別に真新しい提案ではありませんでした。
 次回の勉強会は、年明けに新年会も兼ね開催する予定ですので、宜しくお願い申しあげます。
プロフィール

fukushinokai

Author:fukushinokai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。