スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9回「日本の福祉を考える会」が開催されました

  2月10日(木)に自由民主党本部で第9回「日本の福祉を考える会」が開かれ100名以上の会員の方々が参加しました。写真-1
 今回は、内閣官房の社会保障改革担当室の中村秀一室長と吉田学参事官を招き「どうなる日本の社会保障制度」をテーマに国民の関心が高い社会保障改革について現状や今後の進め方等の説明を聞きました。
 年々自然増で膨らむ社会保障関係費が、今年度予算の一般歳出の51%を占めるまでになった。その中でも高齢者3経費(年金・医療・介護)に予算総則上、消費税の収入(国の分)が充てられることとされた平成11年度から高齢者3経費と消費税収との差が年々大きくなり今年度は9.8兆円の財源不足(スキマ)が生じ今後更に拡大していくと予想される。また、今後世界に例のない超高齢化社会が到来し人口減少社会の中で持続可能な社会保障制度の改革と裏付けとなる財源の確保のための税制改革を一体的に進めなければならないと厳しい内容の説明がありました。それとこれらの改革とセットで社会保障・税に関わる番号制度について番号制度創設推進本部の設置を1月末に決定し検討をしていくことになったと報告がありました。
俗に言う国民総背番号制を導入することは、税とサービスの公平・公正性の確保や利便性の向上のためには必要なものであると思うが一方、個人情報保護等のデリケ-トな問題もあり慎重に審議をして欲しいと思います。写真-2
 最後に衛藤 晟一参議院議員が質問と言うか中村室長に「現政権は、こども手当など財源の伴わない看板政策を降ろし国民に政策転換することを詫びた後、与野党協議を呼びかけるか解散総選挙で信を問う以外にこの問題は前に進まないと思う。中村さんは、厚労省の時代から社会保障について精通され今回は事務方の責任者としてことに当たるに付け是非、理念哲学を大事にして間違った方向に行かない様ご尽力頂きたい。」と強く要望しました。写真-3
 この後、懇親会が行われ大変盛り上がりました。次回は、総会も兼ね5月下旬~6月初旬に開催する予定ですので宜しくお願い申しあげます。
プロフィール

fukushinokai

Author:fukushinokai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。