スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全肢連 全国大会 広島からのレポート

 平成20年度第41回全国肢体不自由児・者父母の会連合会全国大会(第39回中国四国ブロック肢体不自由児者父母の会連絡協議会広島大会)が、9月13日(土)、14日(日)の両日に広島市・広島国際会議場で開催されました。
 大会には、中国四国ブロックを中心に全国から800人にのぼる父母並びに障害児者、関係者が集い、『障害者も健常者も共に暮らせる地域を構築し格差のない社会を』をテーマに、基調講演、シンポジウム、行政報告、情報交換会が催され、活発な意見交換が行われました。
開会式典522pix
開会式典


 当会顧問である衛藤晟一参議院議員も式典で祝辞を述べ、障害者関連予算・社会保障費全体も毎年伸ばしているが、現場の現状も満足いただく状況ではなく課題も多いことなど、そして昨年末に与党PTで発表した障害者自立支援法見直しへの対策などを分かり易く説明されました。
祝辞を述べる衛藤顧問522pix
祝辞を述べる衛藤顧問


 引き続き行われたシンポジウムではオブザーバーとして、1200億円の特別対策や7月から実施された緊急措置、肢体不自由者へのグループホーム的な制度化などについても具体的な事例を挙げながらシンポジストからの質問に回答するとともに地域での運動に対する助言もされました。
  また、フロアーからの質問や要望に対しても、自民党障害者特別委員長として最先端の情報を報告するとともに首都圏と過疎地域での様々な格差の声を改めて聞いていただきました。
シンポジウムのオブザーバーとして522pix
シンポジュームのオブザーバーとして


 今回の全国大会を通じて述べられた提言や決議文、また各ブロックや地域からの要望についても全肢連の顧問として国政に反映していく決意を表されました。
シンポジウム522pix
シンポジューム


 夕刻から開かれた情報交換会でも厚労省、文科省の担当者とともに陳情や質問を受け、意見交換もされました。また韓国脳性麻痺福祉会、中国残疾人聯合会からの海外来賓とも懇親を深められました。
中国残疾人聯合会代表団との歓談522pix
中国残疾人聯合会代表団との歓談

 大会2日目は、厚生労働省、文部科学省による行政報告と質疑応答がされ、大会決議を採択して無事2日間にわたる全国大会を閉会しました。
 来年は、滋賀県で全国大会を開催する予定です。

comment

Secret

プロフィール

fukushinokai

Author:fukushinokai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。